定期預金の意味

定期預金というものはどのようなものなのかを理解しておく事はとても大切な事です。基本的な考え方としては、満期となる期日を決めてその日になるまでは解約しないという前提ももとで高めの金利が付けられているものです。

その期間は最短だと一ヵ月ですがそれ以降は三カ月単位を設定できるものがもっとも多くあります。当然、預けている期間が長くなるほど金利は高く設定されます。普通預金のようにいつでも出し入れが自由で無い分だけ金利が優遇されていると言う事になります。
但し、基本としては途中での解約が出来ないのですから定期にする時にはこれからの予定等も考慮した上で金額や期間を決めなければなりません。又。金額も多くなると金利が優遇されるようになります。300万円と1000万円がその境目となります。

しかしながら、ここ最近の状況を見ていると預金金利としてみるとどちらにしてもそう大差の無い状態が続いています。都市銀行系で比較してみてね普通預金の金利が0.02%程度であるのに対して1年定期定期での金利は0.03%程度に留まっています。
年利で見ても10万円を預けた場合の利息の差は、10円程度しか変わらないのでそう真剣に考える必要は無いのかもしれません。

しかしながら、定期預金はその金融機関への預金者の信頼度が高くなるという付帯的の効果も現実にはあり得ます。即ち、定期預金を持っていて途中解約せずに満期日毎に更新しているとその金融機関からの信頼度が上がるのは当然の事です。

当サイトでは定期預金でよくある疑問を解決いたします。ぜひお役立てください。